悪質リフォーム会社の手口

リアンコーポレーションが悪質リフォーム会社の手口をご紹介します。

昨今、住宅リフォームの悪質訪問販売業者が摘発され、マスコミなどで報道されております。
住まいづくりの仕事をしていて、これほど悲しく腹立たしいことはありません。私どもは創業以来、まじめに実直にお客様に関わってきました。
地元密着でリフォームに取り組んできたのに、今まで築き上げてきた信用を一部の悪徳業者に壊されるのは許せません!
住宅リフォームで一番重要なのは業者選びです。
あなたが業者選びで失敗しないように、危険な業者の共通点をまとめました。

悪質リフォーム会社の手口のポイント

01 契約を急がせる。

「社長に交渉したら許可が出て、今日なら○○万円安くできます!」とか「今日できなければクビになる」といった泣き落としなど。

02 営業マンが住宅(工事)に関する知識を持っていない。

家のために何が良いかよりも、契約することにしか興味をもっていないと感じてしまう。

03 何でも「ハイハイ」と安請け合いをする。

営業マンがとにかく契約をしたいために、安請け合いをして後で「やっぱりできません」と言われる。

04 大幅な値引きをする。

見積もりと工事の質に自信が無いと感じてしまいますよね。

05 施工業者、職人の説明ができない。

営業マンが実際に施工する人間を知らずに「大丈夫です」と言っても、信頼できません。

06 恐怖をあおる。

「このままでは、家が崩れる」など、脅しに近い話をする。

07 居座る。

契約するまで帰らない、夜遅くまで居座る、という場合があります。
「帰ってください」と言っても、帰らない業者は警察に通報しましょう。

被害を防ぐためには、契約を急かされても0その場で決めず、家族や知人に相談してください。また万が一契約してしまってもクーリングオフ制度などを調べてみてください。
みなさまが幸せで豊かに生活できるリフォームができますように。


  • はじめにお読みください
  • はじめにお読みください

    • 宇都宮 新築
    • 不動産 宇都宮
    • 外装リフォーム 宇都宮
    • 宇都宮 太陽光発電
    • 宇都宮 屋上防水
    • 宇都宮 福祉用具レンタル
    お電話はこちらから